部屋探しの作戦

部屋探しで違和感を覚える

ガチャ、玄関のドアを開けるとなんか違和感を感じた。なんだろうか、ひんやりとした空気だけが原因じゃないと思う。部屋探しで初めて中に入った瞬間に違和感を覚えた。不動産会社の営業マンがブレーカーを下ろして電気をつける。ここでやっとその謎が解けた。なんと一階のはずが、窓の外を見ると半地下の構造になってるのが分かる。部屋探しの間取り図には半地下とは書かなくてもいいんだろう。表記的には一階で間違いはないからね。

部屋探しで初めての構造

それにしてもと思う、唯一の救いは窓の外は通りではなく、高い壁というか塀になってるので、中を見られることはあまりなさそうだ。今回の部屋探しで初めてこういう構造のところを見た。不動産会社の営業マンにここって日当たりますかね?って聞いても、塀の上のところから申し訳程度のに光が入るくらいで、日当たりとは呼べないと思いますとのこと。やっぱり安い家賃で部屋探ししようと思うと、それなりの条件のところが出てくるな。

部屋探しする人には最高

それでも見つかった事が奇跡に近いとは思うけどね。室内を調べてみると、壁紙は張り替えられてるらしくすごく綺麗だ。安い家賃で部屋探ししたら、もっとボロいアパートが出てくるのかと思ったけど、ここはしっかりしたマンションだし室内も綺麗だ。その代わりに日当たりがない。同じような条件で部屋探しする人には最高の物件だろう。まぁ広さは5畳で収納がないから広さはないけど、そんな贅沢は言えないぐらいに安いし駅も近い。

目次
予定通りの作戦
黙々とする
プラスアルファする
車の運転が重要
最後に決めた

Copyright 部屋探しの作戦 2013
無断転載、無断コピー等一切を禁止します